つみたてライダー

投資信託を積み立てながら、HONDA-NC750Xで日本全国をツーリング!目標金額は7,000万円です。

つみたてNISAフェスティバル 2018参加


ⓘスポンサードリンク


スポンサーリンク

こんばんは、takemanです。

今日から大型連休ですが、労働者の祭典「メーデー」へ参加してきました。

4月21日(土)に金融庁主催の「つみたてNISAフェスティバル 2018」へ参加しました。
先着250名でしたが、わずか4日で定員に達する程の人気でした。

イメージ 1イメージ 2

詳細な内容は「インデックス投資で長期縦走へ」のブログがお勧めです。
自分が印象的だった部分を記載します。

【プログラム】
●14:00~14:10 金融庁挨拶
村井英樹大臣政務官は、つみたてNISAを通じて海外の成長を取り込んでお金を働かせて欲しいとのことでした。また、投資ブロガーへ普及の協力依頼もありました。

イメージ 3

●14:10~14:30 岡本和久氏 基調講話「100年人生のお金との付き合い方」
ファイナンシャルフィーラー岡本氏の講演は、学生時代の授業感覚でした。
「人生の目的は、“お金持ち”でなく“幸せ持ち”」との言葉が印象的でした。
お金を増やすことが目的化して、使うことで幸せになることを忘れがちですね。

イメージ 4

●14:40~つみたてNISA 誕生秘話(対象商品)
登壇者は、FPのカン・チュンド氏、ファンド情報の岡田氏、金融庁の油布参事官でした。
今後、実質コストを金額表示化することで、初心者にもわかりやすくするとのことでした。
若者への助言では、「投資はお金を貯めてから始めるのではなく、お金は投資しながら貯める」でした。

イメージ 5

●15:10~15:30 はじめての投資!おススメの一冊ベスト10
著名投資ブロガー3氏の解説により、ランキング形式で発表されました。
虫とり小僧さん「いつか子供に伝えたいお金の話
吊ら男さん「吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)
たぱぞうさんたぱぞうの米国株投資
自分は投票しませんでしたが、第4位以外の本は読んでいました。
自分がおススメする本です。
・「投資の大原則 人生を豊かにするためのヒント」日本経済新聞社
2位と3位の著者による投資の教科書で、初心者でも読みやすいです。
・「私の財産告白」実業之日本社文庫
「月給4分の1天引き貯金」を元手に投資して莫大な富を築いた本多静六博士の著書です。
当ブログでも紹介しました。

●15:40~16:00 つみたてNISA 公式キャラクター発表
応募総数343通の中から決定した公式キャラクターを発表しました。
日本人は駄ジャレが好きですね。

イメージ 6イメージ 7

●16:10~16:50 有識者によるパネルディスカッション
登壇者は、イボットソンの島田氏、楽天証券の山崎氏、日本経済新聞の田村氏、金融庁の八幡政策管理官の4名でした。
金融庁職員が台本を作成しましたが、山崎氏が拒否したそうです。
山崎氏がつみたてNISAの課題への厳しく指摘し、八幡管理官がやんわり断定を避けながら回答するのが見所でした。

イメージ 8

今後も金融庁ではつみたてNISA普及のため、全国各地でイベントを開催予定です。
自分もまた参加したいと思います。

イメージ 9イメージ 10

帰りは約1時間、溜池山王駅から日枝神社をお参りし、日本政治の中心を散歩して四ッ谷駅に着きました。

イメージ 11イメージ 12イメージ 13イメージ 14


イメージ 15
イメージ 16