つみたてライダー

投資信託を積み立てながら、HONDA-NC750Xで日本全国をツーリング!目標金額は50代前半で7,000万円です。

ADV150カスタム


ⓘスポンサードリンク


スポンサーリンク

おはようございます、つみたてライダーです。

https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hsb/1c21c796.657af9c7.1c21c797.265dd4cd/?me_id=1&me_adv_id=460135&t=pict

少しずつADV150をカスタムしました。

2月にHONDA製のNC750XからADV150へ乗り換えましたが、今後のツーリングに備えて少しずつカスタムしました。

 

takeman0908.hatenablog.com

 

部品の購入に際しては、「ホンダADV150カスタム&メンテナンス」を一部参考としました。

 

ホンダADV150カスタム&メンテナンス

カスタマイズパーツカタログ


最近は老眼の進行で手元の作業が厳しくて労力と時間の削減で、レッドバロンへ一部作業を依頼しました。

旭風防のロングスクリーンは、少し屈むと頭まで隠れるので風の抵抗を削減できます。

旭風防 ロングスクリーン

 

同じく旭風防のナックルバイザーは、上部が少し手前に曲がっているのでハンドルを握る時に手をぶつけています。

旭風防 ナックルバイザー

 

旭風防 ロングスクリーン&ナックルバイザー

デイトナのメットインポケットは、シート裏に書類等を保管しています。

デイトナ メットインポケットL

固定には穴あけ作業が必要
 
上記3部品の取り付けは作業時間約1時間30分で、料金は7,120円でした。

作業料金7、120円

あわせて、盗難保険の更新も手続きしましたが、保険料は3,500円とBL-10の交換料11,000円で合計14,500円でした。

盗難保険料3,500円

 

メーターの保護シートを取り付けましたが、時間が経過すると端から空気が入って浮いてきました。

メーター保護シート2枚

メーター保護シート

 

キタコのポケットクッションは、左手側のポケットにはめ込むだけです。

キタコ ポケットクッション

簡単にはめ込め可能

 

アルキャンハンズのメットインマットも、シート下にはめ込むだけですが、後方にETC車載器が装着してあるので浮いています。

アルキャンハンズ メットインマット

ETC車載器装着で完全固定不可


ツーリングドリンクホルダーは、耐久性の考慮と角度の調整が可能なので購入しましたが、ハンドル周りが部品だらけです。
 
ホンダ用ポータブルモーターサイクルラゲッジフックは、海外発送で若干心配ありましたが、10日後に到着して頑丈そうです。

ポータブルモーターサイクルラゲッジフック

ハンドル周りが混雑
 
ヤフオク!で衝動的に、SP武川のエアフローシートカバーを落札しましたので、夏季に装着しようと思っています。
 
今後もツーリングを踏まえて、装備を充実していきたいと思います。 
 
 
イメージ 1イメージ 2