つみたてライダー

投資信託を積み立てながら、HONDA-NC750Xで日本全国をツーリング!目標金額は7,000万円です。

2019MLB開幕戦第2戦


ⓘスポンサードリンク


スポンサーリンク

おはようございます、takemanです。

 
 
3月21日(木・祝)春分の日、東京ドームにてオークランド・アスレチック対シアトル・マリナーズの「2019MLB開幕戦」第2戦を観戦しました。
 
水道橋駅周辺で飲食店と探していたら、「餃子の王将」水道橋店を見つけました。
3月8日(金)放送「タモリ倶楽部」でロケ地となり、出演した店長が行列を整理していました。
 
イメージ 24
 
 
祝日のため、東京ドーム周辺は大混雑でした。また、強風のために物販や関連イベントが中止されていました。
オークランド・アスレチックの球団マスコット“ストンパー”が写真撮影に応じていました。
 
 

イメージ 25イメージ 26

 
長蛇の行列に並んで球場へ入場すると、シアトル・マリナーズが打撃練習中で、イチロー選手もライトスタンドへホームランを打っていました。
 
イメージ 1
 

開会セレモニーでは、山梨・日本航空高太鼓隊が演奏を披露しました。

レフトでは、第2戦でMLB初先発の菊池投手がキャッチボールしていました。
 
イメージ 2イメージ 3
 
両チームの選手紹介、日米両国の国家斉唱が終了後、イチロー選手がレフトで準備運動を始めました。
ファンサービス?から3塁エキサイティングシート前で体操し、サインに応じていました。
 
イメージ 4イメージ 5
 
始球式は、オークランドOBの藪恵壹投手・岩村明憲城島健司捕手、シアトルOBのケン・グリフィーJr.打者でした。

 

イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
イチロー選手の打席は、第1打席は三邪飛、第2打席は二ゴロ、3打席は、見逃し三振、第4打席は遊ゴロでした。
試合途中に、MLB公式HPでイチロー選手引退が掲載され、球場は異様な雰囲気となりました。
その後はイチロー選手のプレー1つに大きな歓声と拍手が起きました。
残念ながら、開幕戦合計で6打席無安打でした。
 
イメージ 8イメージ 9
 
プレイボール前の練習中にキャラクターが登場、投手交代中には外野陣で楽しそうに会話していました。
 
イメージ 10イメージ 11
 
先発の菊池投手は、メジャー初登板が4回2/3を91球、被安打4、失点2と、勝利投手の権利目前での降板となりました。

イメージ 12
 
イチロー選手は8回にライトの守備につきましたが、第1戦同様に交代を告げられて挨拶しながらベンチへ引き上げました。
 
イメージ 13イメージ 14イメージ 15イメージ 16
 
試合は延長12回にマリナーズが勝ち越し勝利し、イチロー選手が出場選手を迎えました。
表彰選手は、勝ち越しのホームを踏んだゴードン選手でした。イチロー選手を敬愛していて、交代中には涙を流していました。
 

イメージ 17イメージ 18イメージ 19

 
延長の試合終了後で終電が心配でしたが、イチロー選手の再登場を期待して多くの観客が声援を送りながら待機してました。
約20分後、イチロー選手が登場し、時計回りにゆっくりとグランドを一周して28年間の現役生活に別れを告げました。
 
イメージ 20イメージ 21イメージ 22イメージ 23
 
MLB開幕戦2戦を通じて、自分はイチロー選手へ感謝と労いの気持ちを伝えました。
イチロー選手、長い間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
 
イメージ 1イメージ 2